【初心者向け】ブログ公開時は100%完璧でなくていい理由とコツ【SEO観点】

はじめてブログを始めた人の中に、こんな悩みがある人はいませんか?

なかなか記事の書き出しがうまくいかない。
記事の内容が薄っぺらな気がして公開できない。
気合を入れすぎて続かない。

結論から言うと、初心者がブログをはじめて間もない頃は

「完璧でしっかりとした記事を書きたい。」

という考えに縛られるのはやめましょう。

スポンサーリンク

ブログ公開時は完成度6割未満で良い

初心者がブログの記事を公開するなら6割程度のでき具合で十分です。

私個人の考えでは、4割でもいいかなぁと思います。

理由は、初期のころはアクセスがほぼないからです。

SEO観点からもペナルティーにはなりません。むしろ公開していなければSEO観点からは0点です。世に出ていませんからね。

6割程度の記事を量産するメリット

あんまり納得してないんだよね。
こんな記事でいいのかな。

悩んでしまうのはあなたがそれだけ本気だということです。

そんなあなたはその適当な良い程度の記事をたくさん書きましょう。

・たくさん書くことで、ブログ全体のボリュームが上がります。
・たくさん書くことで、楽しくなればよりGOOD。
・たくさん書くことで、経験値が上がります。
・たくさん書くことで、自分なりの書き方が定まってきます。

アクセスは結果論です。
たまたまアクセスしてきた人が数人増えたら、これがモチベーションになります。

記事はあとから加筆・修正・改善すればよい

6割程度の適当な具合の記事をたくさん世に出してしばらくしたら、アクセスがちょっとずつ上がって来るでしょう。
そうしたら今度は今まで書いた記事を見直すときです。

経験値が上がったあなたにとって初期の記事を見直すのは恥ずかしくなることもあるかもしれませんね。
そうした記事を書き直したり、付け足したり、改善していきます。

これをリライトと言います。

SEO観点からリライトはプラス

リライトすると記事の質が上がります。
そしてGoogleからも評価が上がります。

SEOの効果はこのくらいのスパンで考えておいて良いです。
このくらい長期的なスタンスで続けていくことが大切です。

6割だと公開時に読者に迷惑はかかる?

有名人やインフルエンサーや有名ブロガーなら公開を楽しみにしている人がたくさんいるので、公開する前に入念なチェックが必要です。

 

しかし、初心者ならその心配は不要です。

あなたが逆の立場だったらどうでしょうか?
ブログランキングの下の方に出てきた人の新着を読んで、めちゃくちゃな記事だったとしても気にしないのではないでしょうか?

そして、初心者の場合はまだGoogleにすらほとんど名前が出てこないので、公開しながらいろいろやっている状態でも誰もわかりません。

もし反応が出たらむしろスキルありです。

ブログで完璧を求めるリスク

・時間の浪費。
・モチベーションが続かない。
・記事がダラダラと長くなりがち。

ブログを始めたころは、「日記もいいけど、しっかりとしたみんなに読まれる記事を書くんだ!」と意気込む人も多いかと思います。
私がそのたちでドはまりしていました。

ところがいざその意気込みでブログを書くと、

・何を書いていいのかわからないスランプ。
・書いたものに納得できないので公開できない。
・気合を入れて書いたのにアクセスが無くて落ち込む。

そんな悩みの渦に入りかねません。

より完璧な記事を書くには時間もかかります。
1記事に何日…その間ブログの価値は伸びません。

どんな商品でもまず世に出してみる。そして試行錯誤してみる。この繰り返しです。

完璧主義ではモチベーションも続きませんし、ブログにかける時間が取れないとイライラします。

このようになっては楽しめませんからね。

長い旅ができ、旅を楽しめる人は荷物が少ない

よく、「旅上手は荷物が少ない」といわれます。

その通り、人生も肩の力を抜いて好きなことを適当にやっているほうが楽しく続きます。ブログも同じです。

あまり収益やアクセス、キーワードにとらわれず、まず自分の書きたいことを書いてみてはいかがでしょうか?