モロカイコーヒーの紹介 [エスプレッソ] [ミュールスキナー] COFFEES OF HAWAII Molokai Coffee 100%

ハワイ諸島で私たちが行ける島の中で、もっとも観光化されていない島「モロカイ島」。
ここで栽培されているモロカイコーヒーについて紹介します。

モロカイコーヒー ハワイアンエスプレッソ COFFEES OF HAWAII

上の写真は、モロカイコーヒーのエスプレッソとミュールスキナーのパッケージです。

モロカイコーヒーの歴史

モロカイコーヒーを作っている代表的な会社の名は「COFFEES OF HAWAII (コーヒーズ オブ ハワイ)」。
モロカイコーヒーの歴史は1860年代にさかのぼります。モロカイ島の真ん中の高地に位置するクアラプウという地域で、レッドカチュアイ (Red Catuai) という種類のアラビカコーヒーの苗の栽培がはじまりです。
ここは、その昔さつまいもが育てられていたエリアです。

さぁ、モロカイ島について触れてみましたが、どんな風景が広がっているでしょうか。下の写真を見てみてください。こちらは空港の近く、信号が一つもないこの島には、大自然が広がっています。

モロカイコーヒー ハワイアンエスプレッソ COFFEES OF HAWAII

モロカイ島のコーヒー栽培

モロカイ島は小さな島ですが、広大な起伏があり、東西の気候も異なります。雨の多い北部と東部、そして雨の少ない南部と西部、その中心部の土地とこの赤土が美味しいコーヒーを作ると言われています。

COFFEES OF HAWAII

今回紹介しているモロカイコーヒーを生み出したのが、このCOFFEES OF HAWAII。幹線道路の角にかわいらしい建物が見えます。
ここでは無料で農園を見学できるほか、試飲もできます。平日はコーヒー農園ツアーも行われています。日曜日はお休みなのでご注意。
COFFEES OF HAWAIIでは当初、オリジナルブランドとして「ミュールスキナー」「マルラニ」「モロカイアイランドプリンセス」を販売していました。現在はその味を知る者だけがうなずく、知る人ぞ知る名コーヒーとして親しまれています。

Hawaii Seal of Quality

COFFEES OF HAWAIIのモロカイコーヒーは、ハワイに存在する多くの農産物の中でも、ハワイ州の農務局が定めたメイド・イン・ハワイの称号「シール オブ クオリティ (Seal of Quality)」を獲得しています。
これが純ハワイ産の証。

ハワイ産のシールドオブハワイマーク

モロカイコーヒー100% エスプレッソとミュールスキナーってどんな味?

 

モロカイコーヒーは、シールズオブクオリティを獲得した保証付きのハワイ産コーヒーです。コナコーヒーのようなやや酸味とコクのあるコーヒーですが、クセがなくスッキリとしていてコーヒー通も認めるとてもおいしいコーヒーです。オアフ島ではなかなか手に入らないため、日本人にとっても希少価値のあるコーヒーの一種といえるのではないでしょうか。
では、商品の詳細を見てみましょう。

 

モロカイコーヒー エスプレッソ

ブランド


種類


ボディ感


味わい


匂い


ロースト


原産国


原材料


製造元


内容量


モロカイコーヒー


エスプレッソ


フルボディ(コク深い)


やや酸味がある


ほんのりした香り


ダーク


ハワイ (Hawaii Seal of Quality)


コーヒーGround(挽いてある粉)タイプ


COFFEES of HAWAII


8oz(227g)


 

商品の詳細

 

モロカイコーヒー ミュールスキナー

ブランド


種類


ボディ感


味わい


匂い


ロースト


原産地


原材料


製造元


内容量


モロカイコーヒー


ミュールスキナー


フルボディ(コク深い)


やや酸味がある


香り豊か


ダーク


ハワイ (Hawaii Seal of Quality)


コーヒーGround(挽いてある粉)タイプ


COFFEES of HAWAII


8oz(227g)


 

商品の詳細